楽チンすぎるオーブン料理レシピ

昨年末に断乳をしたところ、一日のスケジュールに変化がありました。

お昼寝は一日二回(午前11時から1時間と、午後2時過ぎから1時間)だったのですが、
一日一回(午前10時半から2時間〜2時間半)へ。

授乳していた際は、午後3時頃お昼寝から覚めても、夜九時頃授乳をすれば
気持ちがいいのかウトウトして寝てしまっていたのですが。

授乳がなくなった今、午後に昼寝を持ち越すと、夜寝なくて大変なことになります。

で、断乳から試行錯誤が続いたこの頃やっと落ち着いたのが、お昼くらいに
起こして、夜は9時前にバタンキュー(死語)のパターン。

そうすると、朝は7時前後まで一度も起きずにぐっすり。

あぁ、夜中に何度も授乳で起きていたのが嘘のよう。

うちは、オットが17時半には帰宅するので、みんなで一緒にのんびり夕飯を食べて
お風呂でたっぷり遊んで、歯を磨いて、部屋を暗くするっていうのがパターンになりました。

で、オットの帰宅であわせて、うろちょろするちっさい子を構いつつ
夕食を用意するのは、至難の技。

で、最近すっかりお世話になっているのがオーブン様。

ローストビーフや、ラザニア、手作りピザ、ローストチキンにシーフード。
下ごしらえだけして、あとはオーブン様がじっくり時間をかけて
料理してくれるのです。

ありがたや。

ということで、昨日もオーブン様に作ってもらったのは
イタリアンポークソーセージをローストしたものと、ミニポテトのロースト。

P1170085

▲オーブンに入れる前。
玉ねぎとズッキーニの上に、ソーセージをのせて
バターをぽとん。
ポテトは切って、シーズニングソルトとガーリックパウダーを少々。

 ▲華氏400度(摂氏220度くらい?)で
じっくり1時間ほどで
ジューシーなパリパリソーセージが完成。

私の好物は、ソーセージの下でトロトロになった玉ねぎとズッキーニ。
バターとソーセージの旨味たっぷりで、そこにお醤油をたらりと垂らしていただきます。

オットとムスメは、このローストしたこんがりミニポテトが大好物。
ノンオイルなので、ヘルシーです。

私は、白米命っ子でポテトは副菜にしかならないので、これに白いご飯。
そして、片手に赤ワイン。むふふ。

オーブン料理ネタ、きっとまた続きます。
 

2 Comments

  1. nico says:

    クッキングペーパー!いつもジャガイモがくっついて、はがすの一苦労だから、その手があったのかのかぁっと写真で気がつきました❤オイル無しだと、塩胡椒のみですか?我が家はいつもバターかオリーブオイルなので、ノンオイルもためし試してみたいな♪バター大好き夫には不評そうだけど笑。ローストすると、お野菜、うまみ凝縮で本当に美味しいですよね!食べたくなりましたー

  2. m2p says:

    nicoちゃん そうなの、私も以前アルミホイル使っていたんだけれど、くっつくんだよね。これはオットの同僚の家でご馳走になった際に、クッキングペーパーならくっつかないと教えてもらったんだよ。お芋は、シーズニングソルトとガーリックパウダー少々だよ♡

(Comments are closed)