A Night in Emergency – part2

クリスマスシーズンっていうのは、安静といわれていても無理ってもので。

クリスマスディナーやらパーティやらで、ちょっとはしゃぎすぎたのか。
2週間前に救急病棟に一泊してからその後、出血が増えてきてしまいました。

ついでに、めまいもあって・・・。

もうそろそろ出血が止まってもいい頃なのになぁ、日本だったら
止血剤とか出してくれるのになぁーなんて思いつつ。

ファミリードクターが休診だったので、ウォークインクリニックという
飛び込みで行けるお医者さんのところへ。

2週間前に大出血したこと、その出血がいまもダラダラと続いていること、
ここ数日で出血が増えていることなどを説明したら、子宮頚管がちゃんと
閉じているかどうかを確認してくれました。

超音波の機械は、カナダのファミリードクターやウォークインクリニックには
基本置いていません。

血液検査や超音波検査といった「一般内科」以外の専門分野はすべて別施設に
行くことになっているという、なんとも非効率的なこの国。

妊娠中の超音波検査は、11週〜13週で1回、17週〜19週で1回、その後運が良ければ
一回くらいで終わりという日本人にしてみたら、冗談としか思えない回数。

「超音波のやりすぎは、胎児に悪影響を及ぼすこともあるんだから
そんなに気にしなくて大丈夫。ホリデー期間中に、出血がもっと増えたり、
お腹が痛くなったりしたら救急に行くといいよ。」と言われて、クリニックを
出たその日の夜。

深夜三時頃お腹が痛くて目が覚める。

トイレへ行くと・・・

 

たらこサイズの血の塊が出てきて、またしてもトイレが真っ赤事件。
(グロくてごめんなさい)

 

 

出血量は大したことのないものの、血の塊におののく私。
まさか、胎児が出てきているわけじゃーないよね???

 

 

寝ている主人を起こして、そのまま救急へ・・・・・・・。

ホリデーシーズン真っ最中。
受付で、「ごめんね、5時間待ちなのよ今日。」とナースに謝られる。

 

 

5時間??
救急の意味ないじゃん・・・。

 

 

それでも胎児の無事だけは確認した方がいいと主人と意見は一致し
ひたすら待って、ドクターが登場した時には、お空は明るくなっていました。

 

これがまた、なかなかイケメンで、喋りやすく楽しいドクターだったので許すことに決定。

超音波ですぐに胎児がスイスイと泳いでいる姿を確認してくれました。

ニヤリと笑って、「血の塊は赤ちゃんじゃなかったね〜」と。

「すでに17週に入ろうとしているこの時期に、出血はあまり喜ばしいことではないのだけれど
前回の大出血から子宮頚管近くにたまっていた血の塊が出てきているのだろうから、
もう少し様子を見るといいよ。もし胎児が流れてしまうことになったとしても僕たちに止めようは
ないんだよね。」との診断。

まぁ、そりゃそうだな。

またしても、あっけらかんとしたカナダの魔力にやられてしまった。

今までも何度も何度も出血をしては、こうやって胎児の無事を確認してきたので
私も強くなったもんだ。ここまで大丈夫だったんだもの、大丈夫でしょう。

しかも普通の妊婦が出産まで3度の超音波検査のところを
私は既に3回(12週と、救急で2回)やっていて、また2週間後にも定期超音波検査の予約が入っていて
胎児とご対面できる機会がたくさんあるのだから、嬉しく思わなければ。

ヘロヘロになって帰宅してからは、そんな私の思いをくみとったのか
胎動らしきものが感じられるように☆

うん、大丈夫だ。

 

(Comments are closed)