A Night in Emergency – part2

クリスマスシーズンっていうのは、安静といわれていても無理ってもので。

クリスマスディナーやらパーティやらで、ちょっとはしゃぎすぎたのか。
2週間前に救急病棟に一泊してからその後、出血が増えてきてしまいました。

ついでに、めまいもあって・・・。

もうそろそろ出血が止まってもいい頃なのになぁ、日本だったら
止血剤とか出してくれるのになぁーなんて思いつつ。

ファミリードクターが休診だったので、ウォークインクリニックという
飛び込みで行けるお医者さんのところへ。

2週間前に大出血したこと、その出血がいまもダラダラと続いていること、
ここ数日で出血が増えていることなどを説明したら、子宮頚管がちゃんと
閉じているかどうかを確認してくれました。

超音波の機械は、カナダのファミリードクターやウォークインクリニックには
基本置いていません。

血液検査や超音波検査といった「一般内科」以外の専門分野はすべて別施設に
行くことになっているという、なんとも非効率的なこの国。

妊娠中の超音波検査は、11週〜13週で1回、17週〜19週で1回、その後運が良ければ
一回くらいで終わりという日本人にしてみたら、冗談としか思えない回数。

「超音波のやりすぎは、胎児に悪影響を及ぼすこともあるんだから
そんなに気にしなくて大丈夫。ホリデー期間中に、出血がもっと増えたり、
お腹が痛くなったりしたら救急に行くといいよ。」と言われて、クリニックを
出たその日の夜。

深夜三時頃お腹が痛くて目が覚める。

トイレへ行くと・・・

 

たらこサイズの血の塊が出てきて、またしてもトイレが真っ赤事件。
(グロくてごめんなさい)

 

 

出血量は大したことのないものの、血の塊におののく私。
まさか、胎児が出てきているわけじゃーないよね???

 

 

寝ている主人を起こして、そのまま救急へ・・・・・・・。

ホリデーシーズン真っ最中。
受付で、「ごめんね、5時間待ちなのよ今日。」とナースに謝られる。

 

 

5時間??
救急の意味ないじゃん・・・。

 

 

それでも胎児の無事だけは確認した方がいいと主人と意見は一致し
ひたすら待って、ドクターが登場した時には、お空は明るくなっていました。

 

これがまた、なかなかイケメンで、喋りやすく楽しいドクターだったので許すことに決定。

超音波ですぐに胎児がスイスイと泳いでいる姿を確認してくれました。

ニヤリと笑って、「血の塊は赤ちゃんじゃなかったね〜」と。

「すでに17週に入ろうとしているこの時期に、出血はあまり喜ばしいことではないのだけれど
前回の大出血から子宮頚管近くにたまっていた血の塊が出てきているのだろうから、
もう少し様子を見るといいよ。もし胎児が流れてしまうことになったとしても僕たちに止めようは
ないんだよね。」との診断。

まぁ、そりゃそうだな。

またしても、あっけらかんとしたカナダの魔力にやられてしまった。

今までも何度も何度も出血をしては、こうやって胎児の無事を確認してきたので
私も強くなったもんだ。ここまで大丈夫だったんだもの、大丈夫でしょう。

しかも普通の妊婦が出産まで3度の超音波検査のところを
私は既に3回(12週と、救急で2回)やっていて、また2週間後にも定期超音波検査の予約が入っていて
胎児とご対面できる機会がたくさんあるのだから、嬉しく思わなければ。

ヘロヘロになって帰宅してからは、そんな私の思いをくみとったのか
胎動らしきものが感じられるように☆

うん、大丈夫だ。

 

Pregnancy Body Care

クリスマスにサンタさん(=義父)にお願いしていたギフトがあります。

既にママになっているお友達から勧められていた妊娠線(stretch mark)ケア
のためのクリーム。

▲クラランスの、その名もズバリ
Stretch Mark Control

妊娠っていうのは、女性の体に予想以上の変化をもたらしていて
ビックリすることがたくさんあるのですが。

胸やお腹が、皮膚が引っ張られるような感触とともに、みるみるうちに
大きくなっていくのもそのひとつ。

お友達はこのクリームで、妊娠線が出なかったというので
マメに塗り塗りしてみたいと思います。

でも、たまには香りを変えて・・・。
私のお気に入りのフランスの自然派コスメブランドYves Rocher

そこから出しているライラックの香りがずーっと大好きなので
シャワージェルとボディクリームも新調しました。

▲ボトルも可愛い♪
ライラックは日本の実家に咲くお花なので
香りを嗅ぐだけでハッピーな気持ちになれます。

そして美容つながりで、お気に入りのカナダ産で動物実験なしの
こだわりのシャンプー&コンディショナーもご紹介。

Phillip Adamのシャンプー&コンディショナー。

原材料にこだわっていて、髪のphバランスを整えてくれるシャンプー&コンディショナーですが
体を洗うのにも使ってオッケーと書いてあります☆

もともとは、ヘアカラーした髪に優しいということで使いだしたのですが、
妊婦となった今、ヘアカラーをしていない髪にももちろんオッケー。

アップルサイダービネガーを使っているので、洗い上がりにフワリとアップルの香りが
するのもお気に入りです。

少しでもこうやってバスタイムや、その後のマッサージタイムを楽しみにして
妊婦生活に潤いを持たせていかねばー。

 

Christmas Eve Dinner, 2012

今年も12月に入ってから、クリスマスを理由に何かとパーティのお誘いを
いただいていたのですが、体調を理由に数々をキャンセル…(涙)。

結局、顔を出さなくてはいけなかった、主人の会社のクリスマスパーティ(豪華で楽しかった)と
義父とのクリスマスディナー、そして仲良くしている友人カップル宅での
クリスマスイブのパーティにのみ出席しました。

昨年は日本に居たので、出席できませんでしたが、
2年前に参加したこの友人カップル宅でのクリスマスパーティでは
友人のピアノ、バイオリン、オペラ、そして私のフルートで演奏をしたり
楽しい思い出いっぱい〜。

ゲストの皆さんも、こちらに家族がいないカナダ移民の方ばかりで
多国籍が集まるので、お食事も多彩でテンションが上がります。

・・・といいつつ、私は安静生活を理由に、わがまま言って
手作りの物を持参せず、市販のシュリンプカクテルを買って
持って行くという怠惰ぶり。ごめんなさい。

▲こちらはホストである友人の
イタリアのママン直伝のラザーニャ!
うちの主人の大好物です。

▲こちらはブラジル出身のゲストが作った
ポン・デ・ケイジョ。
ふわっふわのチーズパンです。
モチモチした感触が大人気でした。

他にも、チューニジア出身の夫婦が持参したデザートや
日本人だけどカナダ歴の方が長いというゲストのサラダなど
テーブルは食べ物でいっぱーい☆

そして・・・

▲メインディッシュはこちらの巨大ローストビーフ!

会員制のクラブレストランでシェフをしているゲストが
腕を奮ってくれました。

▲この色!この柔らかさ!
そしてジューシー!

ほっぺたが落ちるとは、このことか!!

と思うほど、皆が絶賛したローストビーフでありました。
もちろん、肉食獣のうちの主人もペロリといただきました。

そして、こちらのシェフが作ってくれたもうひとつの品。

▲チーズのオシャレな前菜。

本当は人が多いと疲れてしまうので、1時間ほどで切り上げて
クリスマスイブの教会に行こうと思っていたのですが・・・

やっぱりみんなとのお喋りが楽しくって、可愛い赤ちゃんが三人もいるし
写真を撮りまくるのも楽しくって。

教会は次の日にすることにして、最後までパーティを堪能してきました☆

▲最後にはもちろんシャンパンを!

そして次の日は、このパーティのホストでもあったイタリア人×日本人夫婦+ベビとともに
お昼から一緒に教会にクリスマスのミサへ。

▲ダウンタウンにある大聖堂。
主人が通っていた高校に付属している教会です。

2012年は、精神的にきついことが多かったけれど
結果としては喜びの方が上回る一年になったと思っているので
感謝の気持ちを感じながら、教会での神聖な一時を終えました。

 

Hard to Stay Resting

救急病棟での一夜から、自宅での安静生活を言い渡されまして
友達との外出や、クリスマスパーティなども幾つかキャンセル…(涙)。

「安静」と一言でいっても、カナダではベッドにずっと寝ているのは
足が浮腫んでしまうので良くない、という考え方のようで、
基本は「無理をしない程度の必要最低限の家事をして、あとは楽にする」

というのが
「安静」らしい。

妊娠初期の頃も、結局つわりであまり動き回ることができず
家で安静にしている事が多かった私は、「また安静生活か〜、もう勘弁してくれよー」
というのが率直な感想でした。

 

暇で狂って死にそう・・・。

 

そんな中、お友達が本やお菓子を持ってお見舞い&お喋りしに遊びに
きてくれました〜♪♪♪

▲日本人の方が手作りしている
和菓子を買って持ってきてくれました☆

今や7ヶ月の赤ちゃんのママなお友達と、いっぱいお喋りしたら
本当に気分が晴れやかに。

日中は主人はお仕事で家にいないので、こうやって楽しく話すことが
できる時間がなによりもありがたいです。

ありがとう、ありがとう〜!


▲英語でのマタニティ本、そして日本語での育児本を
貸してくれました。

▲こちらも同じお友達から以前お借りした本。
絵が可愛くて、読みやすいので
なかなかオススメ。

北米と日本で妊娠月の数え方が違ったり、検診の内容も違ったりするので
こちらの考えに沿ったマタニティ本はとても役に立ちそう☆

これからは妊婦対象の母親学級みたいなクラスもあるので、
いろんな情報をたくさんインプットして、取捨選択しつつ、
自分に合ったスタイルをアウトプットできるようにしていきたいなぁーと思っています。

A Night in Emergency

妊娠初期の段階から、少量の出血は度々。
大量出血も10週の時に一度経験していて、どうやら絨毛膜下血腫(胎盤ができる過程で出血
してしまって、血の塊が子宮内にできてしまうこと)という診断でした。

血腫は大きくないし、いずれ体内に吸収されてしまうから心配は無用、
でも胎盤が完成する安定期に入るまでは、無理は禁物と言われていたのですが。

ちょうどクリスマスツリーを出した二日後の週末。
クリスマス前のショッピングをどうしてもせねばならず、大混雑のショッピングモールへ。

いつもなら、疲れやすいから30分に一度くらいはモール内のソファに座って
休憩を取るのですが、大混雑と買い物に忙しく、うっかり2、3時間継続して
歩き回ってしまったのです。

買い物でグッタリ疲れて、外で夕食を済ませて帰ってきて、トイレに行ったところ・・・

 

 

トイレが真っ赤になる大惨事!

 

 

ここで普通なら叫んで、主人を呼ぶところなのですが。
なにせ血を見たら失神しかねない主人を持つ私は、冷静沈着に一人で処理。

お腹の痛みがない限り、大量出血してもそんなに心配することはないから…と
お医者さんには言われていたので、妙に冷静な私。

だけれど、出血は蛇口をひねったようにジャージャーと流れ出て
いくらタオルで押さえても、一向に止まる気配なし。

私よりも取り乱して心配した主人に連れられ、結局救急病院へ行く事に。

車から降りて、立って歩くだけで、血が体内からジャーっと流れて行く感覚。
こんな気色の悪い経験は初めて。

実は救急病院は、2年前に子宮外妊娠をした際にも来ているので2度目。

今回は緊急度が高かったからか?
ほとんど待ち時間もなく診察してもらえました。

簡易超音波にて、胎児の無事は確認できたのだけれど、
とにかく出血がひどいので、歩行禁止となってストレッチャーで救急病棟に
運ばれまして、そこで一泊し検査を継続しながら、
明朝一番でさらに詳しい超音波をすることに。

▲泊まったのは、救急病棟内の個室。
なかなか広くて快適です。

▲ベッド後ろにある、さまざまな医療器具。

主人が一旦自宅に戻って、私の化粧落としやら、歯ブラシなどを
持ってきてくれる間に写真撮影…。

出血しているというのに、結構余裕かましている私なのでした。

途中ナースが来て、夜食がいるかどうか確認しにきてくれました。
お腹いっぱいだったけれど、カナダの病院食に興味があったので、
当然答えは「YES!」。

▲うわっ!出た!
エコノミーな機内食よりひどいなぁ、これ。

ちなみに、チーズのサンドイッチで、次の日は
ツナサンドでした。他にリンゴジュースとゼリー、クッキーが入っています。

▲主人も一緒に宿泊していいかと聞いたら、
ベッドは用意できないけれど、リクライニングチェアなら
あるので、どうぞどうぞと用意してくれました。
いわゆる、エコノミーな機内席レベル。
一泊なら悪くないです。

 

それにしても、深夜の救急病棟とは凄まじいです。

目の前にあるナースセンターでは、ナース達が声を静めることなく
おしゃべりしているし、遠くから嘔吐の声や、泣き叫ぶ声が聞こえてくるし
2時間置きにバイタルチェック(体温、血圧、脈拍測定)があって…

熟睡なんて出来たもんじゃーありません。

次の日、早朝から超音波検査をしたり、血液に羊水漏れがないかどうか、子宮頚管の長さは
大丈夫か、ちゃんと子宮頚管が閉まっているかどうか、胎盤は正確な位置に
あるかどうか(前置胎盤じゃないかどうか)など延々と検査が続き、やっと
すべてオッケーが出て、夕方に解放されました。

ナースの皆さん、本当に至れり尽くせりで優しくて、妊婦なナースさんも
いたので、元気づけてもらったりと、私としては満足のいく救急での体験でした。

子宮外妊娠の際も思ったのだけれど、日本と比べて、カナダのナースは
基本的に心底明るくて、こちらが滅入りそうな時でも、ジョークを織り交ぜながら
会話してくれるので、なんだか落ち込んでいるのもバカバカしくなって
一緒に笑ってしまっていると、「なんとかなるかー!」なんて思ってしまう
魔力を持っている気がします。

こうやって病院へ行くと、嫌でも医療用語を英語で喋らなくてはならないし
私にとってはいい勉強になりました。

もう二度と救急はごめんだ!と思っていたのだけれど、
また2週間後行くことになるなど、このときは思ってもいませんでした。

・・・A Night in Emergency part2へつづく

Christmas Tree 2012

去年のクリスマスは日本でしたが、今年はまったりゆっくりカナダでのクリスマス。

一番のお楽しみは、バルコニーのイルミネーション点灯や、家の中をクリスマスデコレーション
してクリスマス気分を盛り上げること・・・

 

・・・なのですが。

 

12月に入っても思うように体調が良くならず、ツリーを引っぱり
出してきたのが13日頃。

▲ツリーやオーナメントを出すだけで
ぐったり疲れてしまった。

飾り付けが終わらないうちに、私は救急病院のお世話になることになってしまい
帰宅してからも安静生活が続いていたので、結局ツリーが完成したのは20日頃でした。
そのお話はまた今度書くとして・・・。

これらのオーナメントは、義母がまだカナダに住んでいた頃に、テレビショッピングで
衝動買いしたものたち。

ゴールド、バーガンディー、シルバー、その他にも義母が残していった大小様々な
綺麗なオーナメントがたくさんあるのだけれど、全部をツリーに飾り付けるのは到底無理。

2年前は、バーガンディー×ゴールドの組み合わせだったので、
今年はシルバー×ゴールドの組み合わせで飾り付けました。

リボンをカールさせて飾ったり、エンジェルヘアー(天使の髪の毛)というシルバーの
きらきらしている紐状の飾りを全体に散らすのが、我が家流。

エンジェルヘアーを散らすと、ライトが幾十にも反射して、眩しいくらいになるのでーす。

▲お気に入りのオーナメントは多々あるのですが、
左から二つ目の「つらら」みたいなのが好きです。

そして、ツリーの下には、クリスマスならでは。
キリスト誕生の瞬間の馬小屋があります。

▲敷き詰められたワラの下には、
コインと魚のうろこが納められているのであった。
(今年知った衝撃の事実)

コインは、来年お金に苦労しないように。
魚のうろこは、来年食べるものに苦労しないように。

という主人の生まれた国では言い伝えられているようです。

おもしろいなー。

そして、いまはカナダを去って東欧で暮らしている義母が、
妊娠が分かったカップルに、安産を祈願してベビーシューズを贈るのが
慣しだということで。

▲「Parents-to-be」と書かれた
ベビーシューズのオーナメント。

こりゃ、可愛い〜〜☆

お外は−23度と凍てついておりますが。
とりあえず、健康な体でクリスマスを迎えることができることに感謝感謝。

 

ブログ再開

日本で一人暮らしをしている時からはじめたインターネット上での日記。
「ブログ」という言葉がスタートする前からはじめたものを数えると…これで5つ目?

こうやってずっと続けていられるのは、時に振り返った際に、思い出が
写真とともに鮮やかに蘇ってくるから。私の大切な記録です。

そして、一応節目節目で新しいブログに移行しています。

前回のブログは、結婚が決まってからの東欧とカナダとの生活が
メインのものでしたが、今回は新しい家族の一員が加わる予定の
カナダでの生活をメインに、写真とともに綴っていきたいと思います。

あ、もちろん食べ物ネタなどはそのまま継続です。

もうちょっと早い段階でスタートしたかったのですが、なにせパソコンの
モニターの前にいるとツワリが悪化傾向だったので、なかなかスタート
できませんでした。

書きとめておきたいことは山ほどあるので、ボチボチ更新していきます。