手作りの日焼け止め

4月を迎えて、すっかり春らしくなってきました。

日差しももうかなり強い。

20150410_143455

暖かくなると、やっぱり外遊びに連れ出すことが多くなるのだけれど
ここは、日本の7−8倍以上と言われるほど本当に紫外線が強いので、日焼け止めは必須。

子供用の日焼け止め。

スーパーには様々なものが売られているけれど、こちらのはたとえオーガニックの
ものでもサイズも大きいし、なかなか1シーズンで使い切ることができなくて
もったいないなぁ、と思っていたので。

今年からは、日焼け止めも手作りすることにしました。

P1170239

一年に一回の手作り化粧品用の材料を大人買いしたついでに
今回は日焼け止めの材料も購入。

勢い余って、アルガンオイルとか、アロマベラジュース、
パンセノールなどの美容液用の材料も買っちまった。

P1170231

▲日焼け止めクリームとローションに必要なものたち。

日焼け止めクリームは、シンプルにシアバターとホホバオイル。
シアバター自体に、もともと日焼け止めの効果はあるらしいのだけれど、

そこに日焼け止め化粧品に欠かせない

Natural suncreen addititve – carrot free

をプラス。自然な材料プラス酸化亜鉛などで出来ている優れもの。

P1170233

▲忘れちゃいけないのが、エチルアルコールとミルクフォーマー。

これで、しっかり消毒して、溶かしたシアバターとホホバオイルを
ホワホワに混ぜれば、ふわふわのクリームが出来上がり。

あとは虫除けにもなるアロマオイルを垂らせば、虫除けも出来て一石二鳥。

ローションは、いつも作っているフローラルウォーターにアロエベラジュース
それからグリセリンを混ぜて、そこに日焼け止め用のNatural suncreen addititve – carrot free
を入れるだけ。

▲でっきあっがり〜♬

外出前に、私もムスメと一緒になって
シュッとスプレーして、クリーム塗れば完璧。

使い切りサイズにしておいて、またなくなったら作ればいいので
防腐剤いらず。

手作り化粧品、理科の実験みたいで楽しいです。

 

ムスメに贈る指輪

アクセサリーネタが続きます。

昨年夏に日本帰国した際に、ひとつのミッションがありました。

義父と義母から渡されたいくつかの貴金属。
それは義父母の母がつけていた指輪だったり、ネックレスだったり。

ゴールドのそれらを溶かして、オリジナルのアクセサリーにして
ムスメに授けて欲しいという彼らの願いを実現することでした。

小さな緑色の巾着袋に入ったアクセサリーたち。
決して沢山あったわけではないけれど、そんな彼らの気持ちがとても嬉しくて
濃厚な日本帰国の行事の中でも、心躍る出来事でした。

日本にいる私の母から紹介してもらって、老舗の貴金属屋さんに行ったところ。

今は、溶かしてオリジナルを作るよりも、金を査定して、お金と交換し
その金額で新しくジュエリーを買うのが主流とのこと。

誕生石をベビーリングにしたりしてはどうかと色々とアドバイスをいただきました。

迷いに迷って、ムスメが将来私たちの想いを受け取ってもらえるよう
こんなピンキーリングを選びました。

▲STAR JEWERYのTHE DIAMOND EARTHシリーズ
の中から、ピンキーリング。

THE DIAMOND EARTHシリーズは、丸い地球がモチーフになっていて、
小指の周りがぐるりと世界一周に。

そして。
日本のすぐそばには星のダイヤモンドがきらめきます。

▲こちらは公式サイトから写真を拝借。

日本の血と、ヨーロッパの血が流れ、そしてカナダで産まれたムスメ。

世界は広いけれど、でも実はとっても小さくて、何処へでも自由に行けるという
ことを分かってほしいなぁーと願いを込めて。

指輪を買って余ったお金は、また将来何かに使ってもらうよう
貯金してあります。

そして、何故かこのピンキーリング。

今は毎日、私の指先に(笑)

オット曰く、ムスメが将来指輪をつける年頃になるまで
私が大事に使って、それを受け渡すっていうのが、愛着があって
いいんだそうです。ぷぷぷ。

ちなみに、STAR JEWERYは、サイズの+1と-1の変更は無料で
してくれるので、安心なのでした。

 

 

願い事が叶うネックレス

もういい年齢だけれど。

いまだに、ついつい願掛けしちゃうことがあります。

カリフォルニア発の願いが叶うドギャードのチャームネックレスをご存知でしょうか。

私は、ちょうどムスメを授かる時に「女の子がいいなぁー」と思って
このネックレスを購入したら、見事女の子を授かることができました。

って、まぁ確率は二分の一だけれど。

▲いろんなチャームがあるんですよ。

私は射手座ということもあって5番のHorse Shoe(馬蹄)を選びました。

 

メッセージはこんな感じ。

LUCKY HORSE SHOE
make a wish and put on your necklace. this lucky horseshoe will invite good fortune into your life…wear your necklace as a reminder that the more you believe, the luckier you’ll be!

チェーンも華奢な作りになっているので、デコルテが出るお洋服を着た時に
よくつけています。

私が買った際は、為替が違ったので4500円ほどだったのに
円高還元で随分お買い得になっているみたい。
お手軽価格なので、もう一つ欲しくなっちゃうなー。

 

 

 

久々のネイル

なんだかバタバタした日が続いて、ブログが書けずにいましたが。

この間、ムスメが寝た後に、久々にマニキュアを取り出しました。

▲と言っても、おとなしめに。
白のドット柄。
薬指だけ、シルバーのライン入り。

出産してからというもの、爪はいつも伸ばす事ができないので、深爪状態。
大好きなマニキュアをゆっくり塗る時間すらなかったのだけれど。

夜にムスメが寝た後に、そーっと塗り塗り。

短い爪でも似合うデザインを考えて、
甘皮の処理をして、爪のケアをしただけで、気分が上がるもんですなぁ。

同じ年頃のお母さんと会う機会が多い、図書館のキッズプログラムや
屋内の遊び場等へ行くと、指先はもちろん、綺麗にしているお母さんが
多いのですよ。

いつもボサボサヘアを隠すのに、ニット帽被って、すっぴんにメガネかけて
買い物行っている私としては(笑)、ちょっと反省。

で、ウキウキ気分でショッピングモールをふらふらしていたら、
子供服のGYMBOREEにてセール開催中!

▲襟のパープルのラインや、フリル、そして裾の絞りのデザインが
気に入ってついつい、購入。

いやぁ、だってセールがさらにセールになっててね。

元の値段が$24.95だったのに、セールで$13.99。それが更に40%OFFでね。

$8.4

だったのですよ。

子供はすぐ大きくなるのでね。定価で買っていたら大変なのであります。

後は、食べこぼしですぐに汚されない事を祈るのみ。

バレンタインデー

こちらはバレンタインデーの14日(土)から月曜日まで三連休。

のーんびり過ごしています。

日本では女性から男性にチョコレートをあげるのがバレンタインデーですが
こちらでは、男性から女性に花束やギフトを贈るのが通例。

高山地帯のこちらは、お花の種類も少なくとても高いので、
花束よりは、みずから欲しいものをリクエスト。

こら、そこ。
「え?これがバレンタインのギフト?」とか言わない。

たまたまこの時期欲しかったのが、これだったのです。

紅茶専用のサーモスマグ。

今まで使っていたのは、ちょっと出歩くのにはいいのだけれど
鞄に入れたりすると、漏れるのが気になって。

これがね〜、カナダでは珍しくとても機能的なのですよ。

茶葉を入れるストレイナー(茶漉し)がついていて、
急ぐ時は、茶葉を入れたままでも、上部に蓋がついているので
そのまま飲めたりしちゃうし。

蓋の部分は、取り外して、ボタンを押すとそこから飲むことができるので
漏れる心配はゼロ。

容量もたっぷりだし、朝これでおいしいハーブティーや紅茶を淹れておけば
温かい飲み物といつも一緒。

機能的にいつも「惜しい!あと一歩!」という商品が多い、この北米で
このサーモスはかなり優秀。

難を言えば、もっとカラーバリエーションがあると嬉しいのだけれど、
この機能があるサーモスマグはこの色しかないとのことで、それが残念。

TEAVANAという紅茶チェーン店で扱っている商品なのです。

いつも買っているお気に入りの、二つのお茶と一緒に購入♪

▲Tropica Rooibos Tea
ルバーブや薔薇のつぼみ、フルーツの入った
ルイボスティー。
これに豆乳&はちみつが美味しいのだ。

▲Earl Grey Creme
濃厚な香りのクリームバニラとアールグレイのブレンド

で、自分用にギフトは買ったので。

後は家族サービス。

▲ロブスターさん茹でました。
グリルしたサーモンや海老も一緒に。

私、甲殻類が大好物♡

ぷりぷりなロブスターちゃんでした。

▲オット好物の濃厚チーズケーキも
焼いてみました。
ハート型です、むふ。

▲ドーナツも揚げました。
緑のは抹茶です。

揚げたてのドーナツ、ふわふわであっという間にペロリ。
ムスメは口の周りを抹茶だらけにして食べておりました。

やっとイベント時に、こうやって色々と作ることができるようになったー!
本当にうれしいうれしい。

 

 

Thank You カード

アメリカの大手小売チェーンTargetがカナダに進出したのが
2013年5月のこと。

ちょっとオシャレなインテリア雑貨や小物といえばTarget。

もう少しで産まれる〜っていう妊娠時だった私は
嬉しくてオープンしてすぐにお店へ向かいました。

オープン当時は品薄で、あまりパッとしなかったけれど
少し時を経つにつれて、品物も充実してきて、インテリア雑貨や
子供服などは、よくフラフラと見に行っていました。

なのに、あぁ、カナダから撤退のニュース。
2年も持たなかったのかぁ。

それで閉店セールをやっているというので、行ってきましたよ。

子供服はもうほとんどいいものはなくなっていて、ガラーン。

それで、ちょっと早いけれど、ムスメの今夏用の水着を。

▲パープルのセクスィー水着。
セールで$9.6だったかな?

こんなデザイン、子供じゃないと着れないよな…。

昨年の夏、日本の海やウォーターパークで大はしゃぎだったムスメ。
今年はカナダで過ごす予定だけれど、たくさん水着が着られるほど
いいお天気になるといいな〜。

あとは、食事時のプラスチックコップやお皿も、100円ショップか?的な
値段だったので、一緒に。

ついでに私には。

▲Thank You カード50セット入り。
30%offで$8.39

筆無精なわたしだけれど、なにかいただいた後にお礼をするThank Youカードは
できるだけ書くようにしているのです。

手紙だと腰があがるまで時間がかかるけれど、これくらいのサイズのカードだと
ちょっと一言書けるサイズなので、気負わず書けるのがいいところ。

Targetのカード類は可愛いデザインが多くて好きだったんだけどなー。

▲可愛いのがあるとついつい買って集めてしまう
クリスマスやThank Youカード達。
気付いたらこんなに。

 

ちなみに、日本人ではない方にメッセージを書く際は
日本から買ってきた日本らしい便せんなどにお礼を書くので、
日本に帰国する度に、ちょこちょこ買って揃えています。

▲やっぱり桜モチーフが多いかな。

あーー日本に帰って文房具とか小さくて可愛いもの
たくさん買いたーい。

 

パン作りデビュー

最近なんでも真似したくてしょうがないお年頃のようです。

洗濯物を畳むのも、横にちょこんと座ってパンパンと皺を伸ばして畳んでる。(もう一回私があとでやり直し…)

化粧水やクリームを塗るのも、一緒になってほっぺたにパシャパシャ。

おむつ替えをする前には、必ずお人形にお尻拭きを一枚とって綺麗にしてから、おむつを替える真似。

何かを飲む時にはかならず「かんぱーーーい!」とコップをカチンと合わせてみたり。

しっかり親の背中を見ているんだと思うと、こりゃー思わず足でドアを閉めたりなんて出来ないな、と背筋が伸びる思い。

私がキッチンで何かしていると必ず抱っこをせがんで、一緒にやりたがるのも最近の兆候。

野菜を茹でたり、Bamixでスムージーを作ったり、お鍋でソースを作ったりするのも、
一緒にやりたがるので、老体にムチ打ってヒーヒー抱っこしながら
ムスメに道具を持たせて一緒にやっています。

作っている過程を見ていたからか、嬉しいのか、一緒に作ると
やっぱりよく食べてくれるので、これはこれで嬉しい成長なのかなぁ。

さて、そんな中。
最近届いた「しまじろう」。

そう、うちでは日本語に触れる機会を増やすために、1歳頃からだったかなぁ?
「こどもちゃれんじ」を海外受講しています。

以前に友人からお下がりでもらった、しまじろうの歌やダンスのビデオを見て
私よりもオットがすっかり気に入って、ムスメと一緒に
自分も日本のさまざまな子供の歌や文化に触れたいと言いだしたのがきっかけ。

やっぱりベネッセさんは長いこと子供の教育を専門としているせいか
本当によく考えられていて。絵本、DVD、教育玩具(エデュトイ)が
きちんとリンクして、毎月毎月飽きることなく楽しめるようになっています。

北米のおもちゃでは、「あぁ惜しいな、ここがもうちょっとこうなっていると
いいのに」と思うことが多々あるのだけれど、こどもちゃれんじの玩具は
もう文句のつけどころがない。

そして、オットの日本語の語彙もしまじろうのお陰で随分と増えた模様。
オット、日本の子供の歌、いまやかなりマスターしました♡

最近届いた教育玩具(エデュトイ)で、うちのムスメが大好きなのが
やっぱりキッチンのもの。

▲木のおりょうりセット
コンロからは、ちゃんと点火やお鍋をジュージューする音が
聞こえる仕組みになっています。

卵も、ちゃんとパカンと割れて中から布製の卵が出るようになっていて、
ムスメはコンコンと卵を叩いてから、パカっとやるのにはまっています。

プラス、これには木製のブロッコリー、人参、お魚が、包丁で切れるセットもついてきました。

▲ざくざくセット

ざくざくと、これで切る真似ができます。

そして、先日届いたのがこちら。

▲布のパン屋さんセット

巻いたり、挟んだり、ホットドッグにケチャップを押してかけたりすることができるのです。
これまた面白いようで、ムスメ、かなり楽しんでいます。

思ったよりも反応が良かったので、ちょっと早いかな?とも思ったけれど
一緒にパン作りに挑戦してみました。

 

▲しっかり生地を伸ばして〜

 ▲ハムとチーズをのせます。

 

▲こちらはブルーベリーのパン

焼き上がりを、すぐに3つも!あむあむ。

相当楽しかったようで、終わった後も何度も台にあがって
「More? More?」ともう一度やりたいと催促。

成型パンは発酵など時間も手間もかかるから、
しばらくホームベーカリーにお任せパンばかり作っていたけれど、
ムスメが手伝ってくれるなら、オットがランチに持って行く用に
成型パンも復帰できそうです。

一度パン教室でパン作りを習ってから、やはりパンは手作りが一番!と思うように。
保存料なども入れないし、自分で全粒粉や豆乳など材料を色々かえられるのも楽しい。

次は何を一緒に作ろうかー。

 

 

動物の鳴き声

半分日本人の血が流れているムスメには、
できるだけ日本語で話しかけるようにしています。

多分今のところ、英語よりも日本語の方を理解している様子で
ムスメの口から出てくる単語も、日本語の方が随分多い。

読み聞かせは、基本日本語の本を選んでいるのだけれど
頂き物だったりで、うちには英語の本も何冊かある。

それで、私も子供が出来てから英語の絵本を興味深く読んでいるのだけれど。

やはり面白いのは、動物の鳴き声が、日本語と英語では全然違うこと。

犬がwoof woofやbowwow、猫がmeowくらいは知っていたのだけれど。

かえるがribbit ribbit(リビット リビット)。

そして、豚がまさかの oink oink(オインク オインク)。これが一番衝撃的だったかも。

豚はブーブーで育った私の耳には、どう頑張ったってオインクオインクとは聞こえない。

ムスメ、英語の鳴き声には今のところ一切関心なし。

犬のことも、指差して「ワンワン!」と言ったり、「犬のおまわりさん」を
振り付けで踊っては、「ニャーニャーニャニャー♪」に「ワンワンワワーーーン!」と
一緒に遠吠えしている位なので、しっかり日本語が定着している模様。

▲お散歩もいつも義母から貰ったワンワンが
一緒じゃないと、落ち着かない。

私も改めて英語の勉強をしている育児な日々なのでした。

 

断捨離な日

今日は朝からアジア食材店へ行って、その後10時15分からの
図書館のキッズプログラムへ参加して、その後オーガニック店で
買い物して、ショッピングカートで眠りそうなムスメを車に乗せて帰宅。

午前中に3つも用事を済ますと、なんだか気分爽快。

さて、先週末。
あまり今シーズン洋服を買ってなかったので、セールついでに買ってしもうた。

先日は、好きだったMexxというブランドがカナダから撤退というニュースを
聞いて、次の日行ってみたら、全品50-70%オフというすごいことになっていたので
ムスメの服を数着、オットのTシャツ2着、私の服1着買ったのだが。

もう少し私も洋服を買い足したくて、フラリとJ.CERWに寄ってみたら。
思いがけなく、セールがさらに40%オフ♪

 

 

例えば、
$127のセーターが、$84.99。それが更に40%オフで$50.99に。

ここのお洋服、シンプルなんだけれどちょっと遊び心があって、質も良くって好きなのです。

トップス3着、そして、ついでにアクセサリーもお得になっていたので、
キラキラしたのをお買い上げ。

私は週に一回だけお仕事しているのだけれど、
普段、ムスメと一緒に動きやすいカジュアル服を着ているだけに、
少しかしこまった服を買ったり、着たりする機会があるのが、
良い息抜きになって嬉しい。

でもあれだ、世間ではもう春服を買う季節ではないか。

ここは、まだまだ冬が長いのでね。
セーター買ったって、今シーズンまだ楽しめますよ。

母親に、「いらなくなった洋服処分しなさいよ」と
ありがたい忠告をいただいたので。

そういえば妊娠してからお洋服整理をきちんとしていなかったなぁー、と思い立ち。

断捨離の如く、お洋服を一掃。

三、四年袖を通していない洋服は、もう着ない!と決めて、ポポイのポイ。

マタニティや授乳服も、人に譲れないほど着古したものはポポイのポイ。

下着や靴下なんかも入れると、結構な量になるのですね、これが。
結果…6袋分ほどさようなら。

クローゼットもすっきりしたけれど、心が一番軽くなって気持ちよくなったかも〜。

 

かくかくしかじか

今日のブログのお供は、いつも行くヨーロッパ食材店で買ったミルフィーユ。

 

昔はそんなに甘いもの得意ではなかったのだけれど、最近体が甘いものを欲している。
いかん、いかんな。

なのでせめて、午前中に食べてエネルギー消費してしまおう作戦。

 

今日は漫画ネタを。

今更ながら、海外にいると日本の漫画文化はすごいなぁーって思います。
オットが日本に行った際、地下鉄や電車の中で、スーツを着たビジネスマンが
朝から分厚いジャンプとか読んでいることにえらくおどろいていたっけ。

私たち日本人の生活に、漫画ってなくてはならないもの。

私は5つ上の姉がいた影響か、「りぼん」ではなくて「別マ」で育ちました。
いくえみ綾とか、多田かおる、槇村さとる、くらもちふさこ…あぁ、胸が高鳴る。

「花とゆめ」も好きなので、成田美名子、佐々木倫子等も大好きです。

もちろん、「宇宙兄弟」や「テルマエロマエ」、「ピアノの森」「岳 みんなの山」とか
少女漫画ではないのも守備範囲。
漫画で泣いたり笑ったり、学ぶ事もたくさんあるから、ムスメにも将来良質漫画を
ちゃんと読んでもらうために、日本語しっかり読めるようにしてほしいのだわ。

最近では、漫画がアニメやドラマ、映画になったり。

昔とは違って、緻密に取材された内容の濃い漫画が増えて嬉しい限り。

海外に住んでいるので、もっぱら最近はiPadで電子書籍です。
ムスメが寝た後に、ゆっくりじっくりと。

で、姉に勧められて読んだ「アオハライド」にもはまってしまったのだけれど、
こちらの「かくかくしかじか」が意外にも面白かったので紹介。

 


かくかくしかじか4巻まで出てます

東村アキコといえば、「海月姫」と「ママはテンパリスト」かしら。
笑わせてくれる漫画を書いてくれるので、ひそかにファンです。

でも、絵が雑なんだよね〜。

…と思っていたら。

この漫画は、東村アキコの幼少時から、漫画家になるまでの道のりを
書いた漫画なんだけれど、美大受験をして、しっかりとデッサンを
学んでいることにビックリ。

美大受験ってこんなに大変なんだ!という裏側を覗き見できて、
これがまた面白いのであります。

女の子なら、一時はみんな漫画家になりたいって思ったことあるんじゃないのかな。(え、ない?)

そんなことを思いながら、一気に読めてしまう漫画です。
続きが気になって仕方ない。